横浜市の「あんしん入居事業」|大倉山賃貸、東横線の不動産は日本ハウジングへ

トップページ > 横浜市の「あんしん入居事業」

横浜市の「あんしん入居事業」

横浜市の「あんしん入居事業」

家賃等の支払い能力はあるけれど、連帯保証人がいないので入居を断られてしまう… 横浜市は「民間あんしん入居事業」として、「入居支援」と「居住支援」を行うことで、民間賃貸住宅への入居をしやすくし、安心して自立した生活ができるようにすることを目的とした事業を行っています。
株式会社日本ハウジングは、あんしん入居事業の協力不動産店として、横浜市に登録されています。

制度の対象となる方

高齢者 障害者 外国人 特定疾患患者 ひとり親家庭 子育て世帯 配偶者等からの暴力被害者 生活保護受給者 児童福祉施設等退所者 ホームレス自立支援施設等退所者
横浜市、当社、保証会社 3者が連動して入居支援を行います。

お部屋の賃貸について、連帯保証人や経済的な面で不安のある方は、
まずは「横浜市住宅供給公社」にご相談ください。

横浜市住宅供給公社

住まい・まちづくり相談センター『住まいるイン』あんしん入居担当
横浜市神奈川区金港町1−4 横浜イーストスクエア 1F
TEL:045-451-7763 FAX:045-451-7707
平日 9:00〜18:00 土日祝日 10:00〜18:00 定休日 水曜日・年末年始

「あんしん入居」についての詳しい内容は、
下のボタンをクリックして、横浜市建築局のウェブページをご覧ください。

横浜市民間あんしん入居事業(横浜市建築局ウェブページ)