任意売却|大倉山賃貸、東横線の不動産は日本ハウジングへ

トップページ > 任意売却

任意売却

次のようなことでお困りの方は、物件の「任意売却」をご検討ください。

  • ローンの返済が厳しい。滞納・延滞している。←会社の倒産、リストラ、給与カット
  • 裁判所からマイホームの競売に関する通知が届いた。←差押通知、担保不動産競売開始通知、執行官による視察の通知
  • マイホームが差押えされた。←税金の滞納、国民健康保険料の滞納
  • マイホームの競売を申し立てられた。←マンション管理費の滞納

任意売却とは、何らかの事情により「住宅ローンや税金などが払えない、滞納している」状況で、いずれ自宅が競売になってしまう場合に、競売の前に債権者の合意を得て、売却することをいいます。

競売になると所有者の意志とは関係なく売却されてしまいますが、任意売却はその名の通り、所有者の意志(任意)で売却することができるというものです。

任意売却は非常に優れた債務者救済の手段の1つです。もしもの時にご検討ください。

任意売却と競売の比較

  任意売却 競売
売却価格 通常の販売価格に近い価格で売却することが可能です。 競売の場合に入札に参加するのは、一般の方より圧倒的に不動産業者が多く、その目的は、転売して利益を出すことなので、入札価格は非常に低いものとなります。
資金面 債権者との話し合いによって、引越し費用、余剰金なども受け取ることができる場合もあります。 売却代金はすべて債権者への支払いになるため、引越しなどの費用はすべてご自身の負担となります。
個人情報 売却を公にしないで欲しいという要望に応じることもできます。大切なプライバシーは厳守されます。 競売物件の情報は開示されることになっています。インターネットや情報誌、新聞などにより、競売物件を専門に扱う不動産会社が近隣の聞き取り調査を始めます。そのため、隣近所に競売にかかったことが知られてしまいます。
強制的な
立ち退き
購入主との話し合いのもと、退去日を決定しますので、段取り良く引越しが行えます。競売のような強制執行ではないので、精神的に追い込まれるようなことはありません。 競売で落札された後、住居を明け渡さない場合は、執行官による強制執行が行われます。
債権者との
話し合い
残債務について、債権者との話合いを、専任スタッフが行います。経験豊富で専門知識のある専任スタッフの対応により、できる限りご相談者のご希望に沿った話し合いが可能です。 競売になっても債務は残ります。その残った債務の交渉などを、ご自身で行わなければなりません。知識の無い方の交渉では、債権者側に柔軟に対応してもらうことは困難でしょう。

早い段階でご相談いただくことで、ご提案できる方法や選択肢も広がります。
また、裁判所から【競売開始決定通知】が届いても、まだ可能性はあります。

まずは、当社までお問い合わせと無料査定をお申し込みください。

かんたん無料査定はこちら